Spring Love春風2024 開催宣言

はじめに元旦に起きた能登半島大震災の犠牲者の方々、今なお避難生活を余儀なくされている方々に改めましてお見舞い申し上げます。
春風としても今回の開催を通じて事前及び当日に募金を集め、現地で支援活動をする団体へ寄付をさせていただきたいと思います。皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

コロナ期が終焉して、色々な気付きと変化を生みました。
それは、今までの「当たり前だった事」に対する違和感。
きっと今まで言えなかった不満や提案が起こる世界的タイミングなのでしょう。
それが「戦争」という形にも現れているのだと思います。

本来人間には、人の数だけ正義や常識があるわけですから、それを無理やり統一したり、強制したりすることは難しいですよね。
でも、不安や恐怖感に支配された人間は、やってしまう訳です。これは「戦争」の一因なのではないでしょうか。

今回のSpring Love春風でも、皆んな言いたい事は沢山あるはずです。むしろこのタイミングで大いに表現して議論して欲しいと思っております。
けれども、「春風」が提案できる最大の表現とは、その個々の内容ではなく、全ての主張を包み込む、「ポリフォニックな世界」を現出させることが相応しい気がします。
それはカオスや不協和音と背中合わせかも知れません。
でも、それぞれ参加者の多種多様な表現と意見、その勇気と姿勢を集めて、現在の「戦争」に対する、提案をしてみたいと感じました。


サブタイトルとして”ポリフォニック ラブ”としました、”多種多様な人や文化を調和させる愛”です。戦争に対しては”愛”で対抗するしかない、と感じてます。それぞれの色々な表現があると思いますので、是非皆さんの愛で調和を感じていただきたいです!そしてこの週末だけは平和な世界を創出させましょう!

そして今年は日程が少し早まりました。ご注意ください。でも昨今の異常気象も含めて開催時には春の伊吹が感じられることでしょう。本年度もよろしくお願いいたします!!!!!

2024年1月19日
一般社団法人SPRING LOVE春風 一同

開催概要

名称

Spring Love 春風 2024

開催日

2024年3月16日(土)・17日(日)

開催場所

代々木公園イベント広場(雨天決行・荒天中止)

主催

一般社団法人SPRING LOVE春風

助成

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】

SHOP

物販出店参加者募集中!

Spring Love春風2024では一緒に盛り上げていただける出店者を募集いたします。

応募方法

お申し込みの際は、必ず出店募集要項をご確認の上、お申し込みいただきますようお願い申し上げます。
皆様のお申込みお待ちしております。

申込締切:2024 年1 月26 日(金) 必着
選考結果通知:2024 年2 月2 日(金)

ご協賛・ご出店に関するお問合せ先

一般社団法人SPRING LOVE春風
TEL: 03-5784-0423 (平日11時~18時)
MAIL:event@fujiyamacom.jp
【事務局】有限会社フジヤマコム内 / 担当:千代村・玉本・森田

飲食出店について

飲食出店ご希望の方は同時開催のこちらのイベントへ申し込みをお願いいたします。

春風 YEAR END PARTY

来春のSpring Love春風2024の開催発表が出来まして感謝致します!!
今春の開催からあっという間に年の瀬、そこで春風メンバーで”忘年会”開催します!!!
今年一年を振り返りつつ来春の春風に想いをはせる。。。そんな集いとなればと、年末年忘れラストダンス、踊り明かしましょう!

年の瀬となりますが皆さまのご来場をお待ちしてます🌸

12.30 (SAT)
Venue :Traffic

OPEN: 19:00-
※ 22:00まで保護者同伴に限り、未成年入場可能。

DOOR: ¥3,000

U25 ¥1,500 / O60 ¥1,500〜

BEFORE 22:00 ¥2,000

LIVE

DAHMA
TUCK

DJ

TSUYOSHI SUZUKI
REE.K
Akira Arasawa
Mari Sakurai
AYMJET
Suepon x Asteroidnos
Kojiro x Yoshitaka Shirakura
TSUTOMU x Tarzan

DECO

HEAVEN HUG DESIGN

VJ

Kagerou
sarunotuku

SOUND

MMU

SHOP

Tiny Bird Coffee Service
亀食堂

KIDS BOOTH (※22:00まで)

ねっこぽっこ

Ayami Suzuki

Ayami Suzuki

東京を拠点に活動するミュージシャン、アーティスト、即興演奏家。ソングライティングと即興を掛け合わせ、フォークの影響を取り入れたアンビエントの制作を中心に行う。アイルランドと英国での数年間の留学を経て2019年に東京に戻って以来、ソロアーティストやコラボレーターとして精力的に活動している。Longform Editions、Lontano Series、Healing Sound Propagandist、Ftarri、Cosima Pitzからの最近のリリースは、ボーカルアンビエントへの特異なアプローチを示しており、幽玄なボーカルを環境音と融合させ、形のなさ、没入感、広がりを同時に感じさせる方法をとっている。

コマイヌ

コマイヌ

member:
Anna Yamada
(vo, octatrack, etc)
linktr.ee/annayamada
Mai Nakamura
(electric trumpet, etc)
linktr.ee/mainakamuranica

ゆるゆるインプロ女子2楽坊コマイヌ。
がんばらないをモットーに2003年に結成。
ボーカル、トランペット、電子楽器、サンプラー、エフェクト、おもちゃなどを駆使して即興を中心としたライブと曲作りをする。フリージャズ、フリースタイルを得意としている。
坂本龍一の「J-WAVE RADIO SAKAMOTO」へのゲストライブ出演、Fuji Rock Festival、KAIKOO、など数々のフェス出演経験を持つ。2008年にはヤマハA&Rよりアルバムをリリース。
がんばらないをモットーにしたため、気がついたら11年もお休みしてしまったバンドが、2021年にあわてて復活。
2023年にはバンコク、プーケットではハービー・ハンコック・インスティテュート・オブ・ジャズとユネスコが共同で進める「インターナショナルジャズディ」でライブを行なっている。

Formed in 2003 with the motto ‘don’t try too hard’.
Comianu performs and writes songs mainly through improvisation, using vocals,
trumpet, electronic instruments, samplers, effects and toys. They specialize in free jazz and freestyle.
The band performed as a guest live on Ryuichi Sakamoto’s J-WAVE RADIO
SAKAMOTO, and has performed at numerous festivals including Fuji Rock Festival,SonarSound, Nagisa and KAIKOO.
In 2008, they released an album on Yamaha A&R.
The band took a 11-year break but came back to the scene in 2021.
In 2023, they performed in Bangkok and UNESCO International Jazz day in Phuket.

G®️W(グロウ)

G®️W

背丈は小さく志は高く
二人少数民族移動の多動児双子のbaseレスバンド❗
轟音で春風イチバン

HAPPY

京都府綾部市出身、サイケデリックバンド。 2012年から都内を中心に活動中の Alec(gt/vo) Ric(key/vo) Chew(gt) Syu(ba) Bob(dr/vo) からなる5人組。 ライブでは主に orihasamado(sax/conga)を迎えた6人編成で活動中。 既に多くの未発表の新曲やジャムセッションを演奏しており、自身らも関わるアートチーム「Paint Groove」のイベントでは Jesus Weekend と共に演奏する7人編成のエクスペリメンタルセットでライブを行った。 その他2023年に公開されたサーフトリップムービー「Crossing Brides」のサウンドトラック参加、某レイブへゲリラ出演し話題になった3時間に渡るロングジャムセッションなど 音楽的な実験と探究を軸に幅広く活動している。

A psychedelic band from Ayabe, Kyoto, based in Tokyo since 2012, consisting of Alec (gt/vo), Ric (key/vo), Chew (gt), Syu (ba), and Bob (dr/vo). The band is mainly a 6-piece formation with orihasamado (sax/conga) for live performances. They have already played many unreleased new songs and jam sessions, and performed a 7-piece experimental live set with Jesus Weekend at events organized by “Paint Groove,” an art team that they are involved with. They also participated in the soundtrack of the surf trip movie “Crossing Brides”, and played a surprise live performance at a rave, held a 3-hour long jam session until sunrise. They are active in a wide range of musical experiments and explorations.

HENTAICAMERAMAN❤️+YOUTHEROCK★

HENTAICAMERAMAN❤️+YOUTHEROCK★

JAPANSESHIPHOPレジェンドYOUTHEROCK★とヘンタイカメラ❤️のPARTY BANGER
ゆるふわギャングや鎮座DOPENESSとのコラボやAKIRARASAWAソロで名義でリリースを重ねている
今日はインドで武者修行中の旅をしている

imus

imus

1995年生まれ、東京を拠点に活動するDJ。テクノとベースミュージックに感化され活動を開始後、エクスペリメンタルなサウンドを軸に、マインドトリップとフィジカルの折衷点を探りながら、都内のテクノパーティーを中心に様々な現場でプレイを重ねる。

2022年春には〈Keep Hush JP〉に出演、NTS Radio等にスロー&ダウンビートMIXを提供し、独自の世界観を追求し続けている。23年冬より実験的な電子音楽の体験を提案する〈eulb〉をスタート。

Tachyon Musician
KENTA HAYASHI

Tachyon Musician KENTA HAYASHI

18歳で単身渡米。ハリウッドのMusicians’ Institute卒業後、カリフォルニアを中心に8年間アメリカで音楽活動を展開。
2011年に帰国しソロ活動を開始。

ループペダルを駆使し、その場で一音一音を重ね1人でオーケストラの様な壮大なサウンドを創り上げる。

2015 年からワールドツアーを開始し世界36ヵ国で幅広く演奏を行っている。
ハンガリーのOZORA, イギリスのGlastonburyやFUJI ROCK出演は印象深く、Rollingstone誌でFUJIROCK’16おすすめ邦楽アーティスト5選に選ばれ話題を呼んだ。

地球全体、そして宇宙からインスピレーションを受けたハイブリッドでジャンルレスなサウンドは世界各国で幅広い層の人々から熱い支持を得ている。


2020年初頭ヨーロッパツアー中にスロベニア、リブリャナのニューエナジータキオン社にて体も楽器もタキオン化完了。

新生タキオンミュージシャンとして生まれ変わり「愛と光を音楽で世界に届けるヒーリングプロジェクト」を始める。

タキオン化されたギターを使い432Hzやソルフェジオ周波数のヒーリングソング、そして432Hz惑星シリーズをリリース。

KURUSU (FUTURE TERROR / TIGER HOLE)

KEIHIN曰く “FTの門番、鬼ハメ先輩”(ALMADELLAフライヤーより)。いつの間にか入っていたというFUTURE TERRORを、主宰のDJ NOBUとともに支えるレギュラーDJ陣のひとりである。そのプレイは、FUTURE TERRORの礎のひとつであり、DJ NOBUという大きな存在が目の前にありながらも、その個性がぶれることはない。聴くものをフロアへと縛り付けるスリージーなアシッド体感、ドープなハメ の効いたミニマルなグルーヴがじわりじわりと迫ってくる。そのプレイは、ヒップホップ、特にバトル系のDJとしてキャリアをはじめた彼の、その卓越したテ クニックが支えている。現在はFUTURE TERRORの他に、千葉でのKURIらとのまさにロウなパーティ〈BLACK FOREST〉や、THE KLOやTARO AKIYAMA(ex.SLEEPING BUGZ RECORDS)らとの〈TIGER HOLE〉でプレイ。

MATSUMOTO ZOKU BAND

MATSUMOTO ZOKU BAND

▪︎ENGLISH
the organic instrumental music quartet from JAPAN – have fielded plaudits for inspiration, originality and impressive.

MATSUMOTO ZOKU BAND is formed at Melbourne 2013 by REO MATSUMOTO (HandPan, Beat Box and Percussion) and Koji Matsumoto (HandPan and Didgeridoo).
In 2022, new amazing member’s are joined to the band by Kenta Hayashi (Guitar) and Nory (Bass) for the become dream-line-up.

MATSUMOTO ZOKU BAND merge urban vocal beats with the beautiful sounds of HandPan, the Didgeridoo creating a wave of groove, the Psychedelic essence and funky sound of Guitar and Bass creating a serene yet vibrant sound with every other instruments.
a straddles the music genre line between Organic Dance music, Psy-Trance, Funk, Chill, Ambient, Electronica, HipHop and Rock influences with thirst for innovation.

Since forming MATSUMOTO ZOKU have performed in 14 different countries, covering 41 cities. Especially, MATSUMOTO ZOKU has been played at Ozora Festival in Hungary 6 times at Dragon Nest Stage as resident artist of Ozora Festival ever since 2013.

松本族バンド

▪︎日本語
松本族バンドは日本を拠点とするオーガニック・インストゥルーメンタルバンド。サイケデリックエッセンスの入ったオーガニックダンスミュージックをはじめファンク、ロック、ヒップホップなどのジャンルを飲み込み爆発的なエネルギーに満ちた唯一無二のライブを展開する。

松本族バンドは2013年にのREO MATSUMOTO(ヒューマンビートボクサー、ハンドパン奏者、パーカッションニスト)と Koji Matsumoto(ディジュリドゥー、ハンドパン奏者)によりメルボルンで結成。
世界の路上で演奏を続け磨いたスキルと音楽でヨーロッパを中心としたフェスティバルで出演を繰り返しその名を世界に轟かした。
世界的ミュージックフェスティバルOZORA FESTIVAL (ハンガリー)に6度出演やアメリカのポートランドで開催されたEcripse Festivalなどに出演を果たす。

2022年に世界で活躍する盟友KENTA HAYASHI(ギターリスト)とNory(ベーシスト)が加わり松本族バンドとして生まれ変わって再始動した。
松本族はバンドになることでダイナミックな音楽性やエネルギーがさらに飛躍的にパワーアップした。

楽器の周波数にチューニングされたかのように馴染む太くて繊細なビートボックス、魅惑的で美 しい音のハンドパン、世界最古の管楽器がグルーヴのうねりを作るディジュリドゥー、身体が自然 と揺れるほどのグルーヴと世界観を作り出すベース、そして美しいサイケデリックエッセンスと エッジの効いたギター。
これらの全てが歯車のように噛み合い時間軸を飲み込むほどのグルーヴが効いたライブを生みだす。

母親文化村

母親文化村

トラックメイカー兼ラッパーの猿と、食いしん坊フィーメールラッパーYUKKO。
二人がとある村で出会い、文化的邂逅から音楽を作りはじめる。 三茶の民とともに過ごしたLifeスタイルから抽出される、唯一無二の世界観は未だ細胞分裂中?! 

Tomomi Ukumori

Tomomi Ukumori

高校時代はイタリアオペラに親しむ。
色々な音楽を体験しつつ、宇宙の真理を学びながらクラブミュージックの素晴らしさと出会い、
数々の素晴らしい国内外アーティストとのコラボレーション、そしてアーティストアルバムもリリースしていく。

高い周波数と豊かな倍音の楽器、クリスタルボウルとの出会いによって長年続けてきたヒーラーであることと
音楽を届けるということを繋ぐことが出来きたことを実感。
ぜひ”聴く”と”効く”を体験していただきたい。
聴き手の想像力に直接働きかけ、別次元へと誘なうでしょう。

自分のクリエイションとクリスタルボウルとの可能性を感じ、今まで培ってきたことを更に深めていき
沢山の人と感動を共有していくことを目指している。

3ピースバンド、THE ALEXXのヴォーカルでもある。

オカモトレイジ(OKAMOTO'S)

1991年生まれ、東京都出身。
中学校の同級生で結成された4人組ロックバンドOKAMOTO’Sのドラマー。
デビュー当時は年間平均100本を超えるライブを展開し、海外公演等も積極的に実施。

2023年11月からはロックバンドながら、異色ともいえるトークとアコースティックをメインとしたTour「出張!オカモトーク Acoustic/Talk Tour 2023-2024」を開催中。
2024年1月31日にはTVアニメ『アンデッドアンラック』 第2クールエンディングテーマ曲「この愛に敵うもんはない」をリリース。
その活動の勢いは止まることを知らない。

ソロ活動としては、2022年秋に映画「もっと超越した所へ。」に本格演技初挑戦として出演するなど、
メジャーシーンで活躍する一方、DJやエキシビション「YAGI EXHIBITION」の主催も務める。

ラジカセ狂気

ラジカセ狂気

Vocal , Guitar / オサムアカバネ
Drum / ラジカセ

2012年 サウス下北にて、オサムアカバネとフルカワユウイチロウ(Dr)からなる【狂気】結成。
2014年 1st『センスの塊』リリース。
2015年 活動休止。
2020年 “ラジカセ狂気”と称し、オサムアカバネソロとして活動再開。
デイヴィッド・バーンを彷彿とさせる「ラジカセ・ロックンロール」でライブハウス、バー、クラブ、ギャラリーなど様々な環境で日夜Liveを繰り広げオーディエンスを沸かせている。

曽我部恵一 そかべけいいち

1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。
’90年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト/ギタリストとして活動を始める。
1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。’70年代の日本のフォーク/ロックを’90年代のスタイルで解釈・再構築したまったく新しいサウンドは、聴く者に強烈な印象をあたえた。
2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル「ギター」でソロデビュー。
2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント/DIYを基軸とした活動を開始する。
以後、サニーデイ・サービス/ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優など、形態にとらわれない表現を続ける。

sugar plant

sugar plant

1993年オガワシンイチとショウヤマチナツにより結成。
日本、アメリカ、ヨーロッパにて6枚のアルバムをリリース、3度のアメリカツアーを成功させた。松本大洋原作映画『ピンポン』のサントラに”rise”(アルバム「happy」収録)が使われている。
2018年18年ぶりとなるアルバム「headlights」を、2019年にはセルフダブミックスアルバム「another headlights」をリリース。精力的にライブ活動中!

公式サイト
http://sugarplant.com

SUPER CATS

SUPER CATS

かのジャイルス・ピーターソンをして”Cheeky”と言わしめた日本が誇るラウンジファンクバンドCAT BOYS。そのヘヴィーな活動の末に燃え尽きた灰の中から2023年不死鳥のごとく誕生したウルトラパーティバンドSUPER CATS。CAT BOYS時代から定評のあるそのCheekyなカバーセンスや『愛のため息』『今夜は最高』などのシンガロングなスマッシュヒッツに加えてよりポップで洗練されたオリジナルモダンファンクサウンドを軸にした猛烈なステージパフォーマンスはオーディエンスを日常から解き放ち宗教的恍惚へと誘います。2024年4月超名作デビューアルバム『SUPER CATS』待望大発売乞うご期待。

ZAKINO

ZAKINO

音楽プロデューサー”skm”こと佐久麻瞬太郎よるdrummer視点project。
2021年6月15日に1st album ”ZAKINO” を発売、featuring 鎮座ドープネスで話題となる。
松浦俊夫、矢部直のMIXに乗り海外でも高評価。
そんな中、新曲 “what time do you think it is” がアムステルダムの大人気レーベル”RUSH HOUR”のコンピレーションアルバムに収録。
“Ricardo Villalobos”や”Roman Flügel”など世界の名だたるTOP DJ達と共にワールドワイドにディストリビューションされ大きな話題となったばかりである。
昨年は、どんぐりずとのコラボ曲『wheel spinning mice』を発表し、
映画『after grows』にて楽曲提供をした事による、渋谷WWWにての
D.A.NとのLive にてaudienceを沸かせたばかり。
Dr 佐久麻瞬太郎( digda,NEKOSOGI,BEATSEX )
Bass eiji ( Dachambo,NEKOSOGI )
Key Takumi Kaneko ( Cro-magnon,NEKOSOGI )
Key John Nakayama ( JOHN NAKAYAMA TRIO )
Sax Akira Shibata ( GPSY VIBS )

Frog's Smile

店主セレクトのアフリカ布・エスニック布をハンドメイドしています。
アフリカ布のビタミンカラーは見ているだけでもワクワク着れば気分も上がる事間違いなし!
1点もの派手柄がお好きな方お立ち寄りお待ちしております。

ワークショップ内容
ヘナアート・フラワーシュシュ(2種)

HIMALAI TRiP MARKET

“世界にひとつだけのもの”をテーマに、 色鮮やかな曼荼羅染め、タイダイ染め、オリジナル手描きデザインTシャツや雑貨を製作販売しています。 日常を彩りココロほぐれるデザインのアイテムをお楽しみください
◎イベント時は、店頭でライブペイント製作します

ワークショップ内容
《カラフルフラッグワークショップ》 テントやお部屋をカラフルに彩ろう 布を選んで、紐を通して出来上がり♪
【約1m ¥1000から】好きな長さで作れます。
※所要目安時間: 約5〜10分
★その場でお好きな文字入れします
★5文字まで¥1000 (以降1文字+¥200)

フラフープWS

フラフープWS

誰もが知っているフラフープ。
“おもちゃ”だったり “ダイエットのお供” だったり。お腹で回すだけだと思われがちなフラフープですが楽しみ方は無限大!
プロパフォーマーならではのマニアックな専門知識を活かしたフラフープWSでは、あっという間に上達するコツや夢中になる技の数々をレクチャーします。
たった1つの輪っか(フラフープ)を通じて、”出来ない”が”出来た!”に変わる喜びを、一緒に体感しましょう!

講師:フラフープパフォーマーH∞pin(ふーぴん)

幼少から青春を新体操に捧げ、日本女子体育大学在学中は教員を目指し教員免許1種を取得するも、卒業後は一般企業に就職。サラリーマンをしていたある日、海外のフェスでLED Hoopと出会い、LED Hoopにハマるあまり脱サラし、パフォーマーを志す。
11年間の新体操経験で鍛え抜かれた身体能力とダンスセンスを武器に、LED Hoop、Fire Hoop、時にエアリアルHoopで空中を舞う。
LED Hoopパフォーマンスでは、Hoopの技術のみならず、テクノロジーを駆使し、音とシンクロするライトパフォーマンスで観客を魅了。
独自のHoopスタイルを築きながら今もなお進化は止まらない。
パフォーマーだけでなく、吉祥寺にあるダンススタジオ”Amrita”にて講師としてHoop Dance Classを担当している。

こどもカポエイラ体験ワークショップ

こどもカポエイラ体験ワークショップ

こどもカポエイラ体験ワークショップ
ブラジルの無形文化遺産「カポエラ」音楽とダンスと武道を合わせた熱く激しいブラジルの雰囲気をお届けします!踊って歌って戦うブラジルの武芸カポエラ! 側転から派手なアクロバットまで全身のリズムとバランスが身につきます!
大人も子供も一緒に楽しくレッツカポエラ!

私たちは池袋を中心に活動しているカポエラチームです。
カポエラを通じてしなやかで柔軟な身体と心を目指しています!

池袋 活動日
毎週水・土曜日
ベーシッククラス(基本的な技がメインのクラス)
17:15~18:15
フィジカルクラス(ミット打ちや逆立ち、アクロバット等カポエィラの動きをベースとしたクラス)
18:30~19:30
ジョーゴスクラス(2人組やゲーム形式がメインのクラス)
19:45~20:45

活動場所
豊島区池袋3-30-8 みらい館大明

こもみのこ×OneCushion

こもみのこ×OneCushion

ラフモンスター(ぬいぐるみ)つくりと、シルクスクリーンセミオーダー
ラフモンスター:自分で考えた世界にひとつのモフモフ可愛いラフモンスター(ぬいぐるみ)がつくれるよ。
シルクスクリーン:たくさんある絵柄から好きなものを選んで、お持ちいただいた物にその場でシルクスクリーン(版画)を刷ります

Nijiiro hummingbird

Nijiiro hummingbird

輸入雑貨とハンドメイドのお店をしています。

ワークショップ内容

・バッグデコ
・ブレスレット作り
・イヤリング花冠ビュッフェ
アフリカ布で作ったカラフルなバッグをデコろう!
大人も子どもも、参加できるワークショップをご用意する予定です。親子で楽しんで頂けたらと思います。

sipini TIEDYE workshop 絞り染め体験の場

sipini TIEDYE workshop 絞り染め体験の場

埼玉と熊本を拠点に全国各地でしぼり染め体験の場を主宰。
日本手話と日本語のコミュニケーションで、子どもからおとなまでみんながアーティスト!インクルーシブなタイダイワークショップです。
ぜひお越しください〜!!

ワークショップ内容

タイダイ(しぼり染め)ワークショップ
▶︎料金表◀︎
素材・染め代込み
→こども
100/110/120/130/140cm
Tシャツ ¥3000
110/130/150cm
ロンT ¥4000
→おとな
S/M/L/XL
Tシャツ ¥3500
ロンT ¥4500
→ハンカチ
2枚 ¥2500
→エコバッグ
1枚 ¥2500

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせは下記フォームをご利用ください

    お名前 *必須

    メールアドレス *必須

    件名 *必須

    メッセージ本文 *必須

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。*必須

    SPRING LOVE実行委員会事務局

    TEL: 03-5784-0423 (平日11時~18時)
    MAIL:event@fujiyamacom.jp
    【事務局】有限会社フジヤマコム内 / 担当:千代村・玉本・森田