ARTIST

Koudai (tite-line | Mullet)

2000年初頭からDJキャリアをスタート。

現在に至るまで、ヒップホップカルチャーの影響の下、サンプリングソース追求への没頭を経てじわじわとダンスミュージックへと傾向していく。

2013年より東京へと活動の拠点を移し、ハウス、テクノを往来し、時に危険なボーダーを超えつつもフラグメントしない独自のスタンスを形成。

都内で「tite-line」「Mullet」のレジデントとして活動しつつ全国のダンスフロアに貢献している。

2017年に湘南、江ノ島にて開催されている唯一無二にパーティー「Freedom Sunset Presents “Sunset Lounge”」のDJ Mixをリリース。

また、2014年からはデッドスペースの新たな価値付けを目標にしたアートプロジェクト「#BCTION」で音楽要素の企画を担当。

それを皮切りに、2017年「18S/S AMAZON FASHION WEEK TOKYO」にて世界中から注目された「thibaut」の2018年「2019S/S VANCOUVER FASHION WEEK」SHOW音源を担当する。

そして、現在新たなプロジェクトも動き出し、Koudaiの異端なロジックはゆっくりと確実にシーンで渇望されている。

A DJ carrier is started from the beginning in 2000. 

His musicality is turning to much more Dance music 
through absorbing himself in reserching for sampling sause below the spot the influence with great culture of HIPHOP.

He moved to Tokyo since2013,
and then going back and forth Techno,House.

finally he almost established his own style while proceeding jump up the border of danger.

He’s contributing to dance floor in Japan. 
Being resident of “tite – line” “Mullet” .

DJ Mix of a party “Freedom Sunset Presents “Sunset Lounge”” is released in Shonan,Enoshima in 2017. 

And planning an art project which set its sights on new appreciation in a dead space “#BCTION” from 2014.

 In 2018 he composed a piece of music for   “VANCOUVER FASHION WEEK” SHOW source of “thibaut” 

from all over the world in “S/S AMAZON FASHION WEEK TOKYO” 

And a new project also begins to move at present, and the logic which is heterodoxy of Koudai is craved for by a scene certainly slowly