“DEEP COVER”-沼澤尚 solo set with ナカコー+内田直之

偶発的な化学変化から産まれたそれは、長きに渡り鍛え・磨き続けられた技術と感性を、最前線で昂る情熱と共にぶつけあう瞬間のアート。機械と肉体、シーケンスとインプロヴィゼーション、という相反するストラクチャーを絶妙な”加減”で制御・融合させる高次元エレクトロ/ハウス/テクノ/ファンクは必見。ダンスミュージックの永い歴史へ深い尊敬と愛情を込め、独特の解釈とアイディアで未来へとミューテーションさせた楽曲は純度の高いトランス・エフェクトを持つ。FUJI ROCK FESTIVAL,METAMORPHOSE.SOLSTICE MUSIC FESTIVAL,ONE NATION,ひかり祭り,森波をはじめ全国各地のフェスやダンスフロアでダンサー,PARTYフリーク,業界関係者などグッドミュージック・ジャンキーの心と身体を過剰にロックしている。

今回は春風2018スペシャルバージョンとして、マルチインストルメンタルアーチスト-ナカコー(ex SUPERCAR)とDUB Mix Engineer-内田直之とのコラボレーションを披露する。

https://youtu.be/q__eXJ4y9-A
https://youtu.be/xBLn0sUZ_vI

◆沼澤 尚
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK,L.A.ALL STARS,NED DOHENY,SHIELA E.などのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。2000年に帰国してから数えきれないアーティストのレコーディング/ライブに参加しながらシアターブルック,blues.the-butcher-590213,OKI DUB AINU BAND,NOTHING BUT THE FUNK,DEEP COVER,Koji Nakamura,さかいゆう,大貫妙子,河村隆一,大塚愛,臼井ミトン,MARTER,など様々なシーンで活躍する日本一忙しいドラマー。
http://takashinumazawa.com/
https://twitter.com/apurkeneg

◆ナカコー/Koji Nakamura
Gt.Vo.Synなどを担当。アーティストへの楽曲提供や、多くのCMやアニメ、などのサウンドクリエーターとしても活躍中。1995年地元青森にてバンド「スーパーカー」を結成し2005年解散。ソロプロジェクト「iLL」や「NYANTORA」を立ち上げる。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。現在はフルカワミキ(ex.スーパーカー)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers, toddle)、そして牛尾憲輔(agraph)と共にバンド「LAMA」として活動の他、現代美術作家の三嶋章義(ex. ENLIGHTENMENT)を中心にしたプロジェクト、MECABIOtH(メカビオス)でも活動した。また、主宰レーベル「Sound Of Romances」もスタートさせている。また、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ「Masterpeace」をリリース。そして、10月大阪クラブクアトロ、名古屋クアトロ、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを行った。キャリアを重ねつつも進化し続けるナカコーを示唆するライブとなった。

◆内田直之
LITTLE TEMPO,OKI DUB AINU BAND,FLYING RHYTHMSのメンバーとしても活動するダブ/ミックス/レコーディングエンジニア。日本最高峰のダブ・エンジニアと呼ばれる存在で、レコーディングからライヴ・ステージまで、唯一無二の強烈なグルーヴを携えたトラックを生み出す達人として国内外のアーティストから厚い信頼を得ている。